銀行がサービスを展開している!?ファクタリングの特徴とは


ノンバンク以外も用意しているファクタリング

ファクタリングといえばノンバンクのみがサービスを提供していると思うかもしれませんが、最近は銀行が参入するケースが増えてきています。地方銀行も積極的に乗り出しており、需要の拡大がうかがえます。地銀は好待遇の条件を提示していますが、買い取りまでに時間がかかる傾向があります。そのためすぐに現金を調達したい状況においては適していません。ファクタリングを検討している方の多くは数日以内に資金を調達したいと考えており、数週間は待てないと答える方が目立ちます。

銀行は事業規模が大きくなるほど、スピーディーにサービスを展開する傾向があります。地銀と比較するとメガバンクのほうが好条件を打ち出していることが多いので、すぐに調達したい人は検討してみましょう。ただ対面与信での契約を希望するのであれば、地銀はアクセスの利便性が高くて気軽に行けるという強みがあります。

ファクタリングの主なサービスとは

ファクタリングサービスは三社間ファクタリングが中心であり、二社間のサービスを用意しているところは少ないです。二社間ファクタリングは手数料が大きくなりますが、秘密裏に買い取りしてもらうことができます。売掛先にファクタリングのことを知られる状況は避けたいという場合に重宝します。二社間のサービスはノンバンク系が提供しており、買い取りまでの日数は短いです。即日~5日くらいで買い取りしてもらえることが多いので、カードローンと大差がありません。手数料やプライバシー、調達スピードなどを考えたうえで最適な金融機関を選んでください。

事業資金を大阪で調達したい場合、府や市などの地方公共団体から援助をしてもらえます。その他には、金融系の法人で調達することができます。